性生活は時間6種のS35場合には性交して危険がある

古くから言う

は、時間に対することさえ、性生活も例外ではない,性生活をするタイミングは、手を怪我し、体も、夫婦間の感情を傷つけるので、進行性生活の時に注意するべきで、どれらの場合には正式にしないが、ろく種類の情況の下で、同じ部屋に危険がある.

女性の生理期、妊娠初期と末期では生活<P>生活

女性膣分泌液月経月経にアルカリ中和され、良好な細菌培地、同時に子宮内膜が抜け落ち、子宮内子宮口半開き傷,S35、また性生活をしやすい、細菌を持ち込み、炎症を引き起こす生殖器官.慢性的な骨盤炎炎者,月経性交は急性発作を引き起こすことができます.生理性交も、子宮充血を強め、月経が増え、月経が延長、月経が増加します.妊娠初期の3ヶ月と末期、性生活は胎児の子宮内の発育を刺激し、流産をもたらしやすい、その時も、性生活を提案しないようにします.

Pは生殖道感染など疾病または深刻器質性疾患がある場合は性生活

ではありません.

男女双方のわずらう性感染症を停止しなければならない時、性生活、タイムリーに調べると同治しないように、病気や再発を強めて、男性の深刻なの器質性病気など、心臓病を患って、結核感染深刻な時期場合でも、医師のアドバイスに従って、ポーズ性生生きて.6種の状況では性交して危険、生殖道感染などの疾病の存在、夫婦双方の健康に影響を与える最大の弊害.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です