6種類のS35食べる法であなたは一生癌をしてはならない

がんの発生は一夕で、統計,1つの変異細胞は悪性腫瘍が経験する時間、平均は30年を超えて.あなたは1つの小さいな生活習慣があるかも知れないで、癌あるいは発癌の作用を発揮しています.中華医学会心のせい医学分会主任委員、上海医薬大学博士課程指導教官の何裕民教授注意《生命時報』の読者は、覚えて食ガン防止の6つの字:粗、薄い,雑、少なく、ぼろぼろになって、がんを防ぐことができるかもしれないし、口から入り.ぼろぼろになる――、新鮮な果物や野菜のほか、他の食べ物はゆでて、煮イタリア研究発見、カロチン、リコピンとルテイン根本を恐れて煮て、かえって生よりより保護体をがん細胞に襲われる.特に豊富カロテノイドのニンジン、トマト,S35、ブロッコリーやアブラナ科野菜など.イギリス食品研究センターの蘇?索森説:"生ニンジンに吸収のカロテノイド約3%で4%、それらをゆでてつぶした後や、カロテノイド増加四五倍の吸収を助けることができる、調理溶解.ブロッコリーを例に、60度の最も理想的、最大限度でその抗がん活性を発揮でき、食道がん、胃がん、肺がん、胆嚢癌、皮膚がんの危険性を減らすことができるとしている.おかずが下記のように:1、性質は澄んで柔らかくておいしい野菜を生で食べるのはいいが、きっとよく噛んで十分令抗がん物質放出.二、濃い緑とオレンジ色野菜を適当に加熱すると、ニンジンの吸収にも役立つ.特に、丈夫な野菜、生で食べる時の栄養の成分と健康の成分が充分に解放されにくくて.3、洗の時に浸すに浸して、細胞の損傷を免れます.4、切ったらすぐに鍋料理をする.加熱調理時、なるべく短時間加熱方法、切れ生んで後はすぐに入れて、野菜の澄んで柔らかくて感を保つ.5、蒸し、炒め方は伝熱効率が高い、活性成分を水中に損失させることはできない、煮た方法よりも多くの抗がん物質を保存することができます.粗繊維、粗繊維類食品において、植物繊維は近年、癌がますます重要な原因の一つとなっている.植物繊維は腸洗浄腸の機能を持ち、腸の蠕動、腸コンテンツを短縮する時間を短縮し、発ガン物が人体に吸収され、特に大腸癌の発生を予防することができる.雑穀の中に豊富なカルシウム、マグネシウム、セレンなどの微量元素と多種ビタミン、その中のセレンは1種の抗がん物質で、体内の各種の発ガン物を結合して、消化管を通じて体外へ排出することを通じて.粗を食べて、以下の点:一、夕食には最高にしています.正常な人が食べる頻度は2日一度で、三高が1日2回.二、太さの組み合わせは相補的な.研究し発見して、飲食の組み合わせはろく分玄米、よんしよ分白米と小麦粉に最適.栄養学では、トウモロコシ、アワ、大豆を食べるより、1:1、2の割合で混合食用にするという.肉や卵は雑穀の最高パートナーで、栄養補完の役割を果たすことができます.3、雑穀は細いにしてはしない.どの種類の雑穀、すべては蒸す、煮などの少ない油、少ない塩の料理の方法は良いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です