日本代表の人気サッカー選手香川真司

精神分裂症といぅ病名は、日本で は、戦前の1937年か使われつづ けてきました。
しかし、あまりに患者の人格否定 香川真司する病名ではないかと、全国精神障害家族連合会が、日本に変更を要望しました。1993年のことです。
これがきつかけとなつて、2002 年8月、日本精神神経学会は、精神分裂症という病名を統合失調症へと変更することに決めたのです。
されるまで、nfl ユニフォーム統合失調症(当時は精神分裂病)には、治療法といえるものが ほとんどなく、重症の患者さんは病院に収容されるしかない状態でした。ときには人格にまで至り、予後(病気の経過、見通し)もよくありませんでした。香川真司精神分裂病という名前には、このようなカッコ過去の暗いィメージがつきまとつていました。
しかし現在では、統合失調病は、副 作用の少ない新しい抗精神病薬が開発 日本代表の人気サッカー選手香川真司されて症状がコントールできるようになり、心押的、社会的なヶアも進んで、過半数の患者さんが回復可能になっています。精神医学の教科書の記述を修正する必要があったほど、統合失調症はもう悲観的な病気ではなくなっているのです。
医学が逝んでいるのに、
という名前たけが、70年近く前に定められた当時のィメ|ジを引きずり、日本代表の人気サッカー選手香川真司いかにも不適切で、誤解を卷くものでした。それが、統合失調病に変わって、よぅやく現代の精神医療に則した名前になったわけです。
医療にとつてインフォ—ムド•コンセント(説明と同意)は重要ですが、以前は、病名を告知するとき、多くの医師が「精神分裂病といぅインパクトの強い名前のために、患者さんや家族が絶望的にならないよぅに気つかったといいます
日本代表の人気サッカー選手香川真司病気に対して、マイナスイメ—ジを 行わずに、単に「克服すべきーつの病気」として淡々と受け止めてもらぅた めにも、名前を変える必要がぁったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です