クローブ、S35物語

靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春、<.白の透明性、紫の奥深い.

ないでください私を置いて、晴れて、そんな私があまりにもすっきりと、あまりに脆く、あまり、言いふらす.私は風に吹かないで,私は霧雨大地のつやが要らない.私は私を守るのはとても良いです.私は、狂風の下の世の変転、学には、暴雨には、されていません.私は自分,見失う、私のライラック、私のクローブ.

ないでくださいて吹き降り、そんな私が世の変転すぎて、あまり執着して、あまりにも、強情.私は、狂風の怒号、暴雨の狂っていることを、私は、暴雨の瘋狂をしてはいけない.あなたは私を磨きのが強すぎる.私は強い風の恵まれない雨のバインド.私は自分、強く、強く、私のクローブ.

シアリスジェネリック薬局

……

私は、土壌、深く根ざしている土壌、私の生存環境、あまりにも、私の地理的位置を求めてはいけない、それは私の一生の帰属だからです.私は行かない自ら知る者も悪い、私は行かない恨むの深い或いは薄.それが私の選択だから、私の誇りです.

私のクローブ、風には、穏やかで言いふらす、風雨でゲイリーには、ゲイリー.これは彼の誇り、それは信仰を持っている.そして、来る日も来る日も続いて,S35、年ごとに、歳月の起承転結の間には、運命の目の中で、散り.枯れた蕾もそれは一生の栄光で.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です