晩秋のS35風邪の保養にはこだわりがある

朝晩温度差、晩秋は風邪のピーク季節、風邪患者は適切な風邪薬を正しく使用する必要があります.第3軍医大学病院の内科医新橋、風邪初期では、患者がくしゃみ、鼻水、鼻づまり、流清冷えなどの症状は、この時は保温に注意するべきで、過労を避け、多く水を飲んで、多くが喉の腫れ休みます;もし痛み、喉が渇いて,流濁鼻水、頭痛、発熱などの症状を訴え,患者は直ちに服用板藍根、風邪の切れ、银翘解毒片などの避難風の熱い薬物.   鼻づまり症状の患者を含むベンゼンプソイドエフェドリンやも服用プロパノールアミン薬、発熱、体にはだるくて痛くて症状は患者の服用することができ、アセトアミノフェンやダブル塩素フェン酸薬物、気道の患者の症状は服用することができ海拉明撲爾敏、ベンゼンなどの抗ヒスタミン薬.第3軍医大学病院の内科医が新橋注意して、咳、吐き出して黄色の痰、全身の筋肉の骨格はだるくて痛くて、疲れて力がなくて、食欲不振などの症状で、それはたぶん上気道感染症の増加やインフルエンザ甚だしきに至っては肺炎患者はきっと,S35、この病院に行くのは診.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です