西洋には、禁断のS35洋楽の9大薬理作用を服用

p> <西洋にんじんは一種類の漢方薬の材料を、とても適する徹夜の人の食用は薬が副作用があって、下小編を紹介します.漢方と西洋にんじんは、凉药、宜気養陰.もし体が热症、たとえばいらだたしくて、口は手のひら発熱、顔を赤らめて,体がよく使って疲れて力がなく、西洋参類サプリメント養生の目的を達成することができます.

p> <西洋にんじん服用量も良くないが、西洋にんじんの副作用をもたらす気持ち、イライラが心配、不眠、人格を喪失又は精神錯乱などコルチコステロイド剤中枢神経興奮と刺激症状や頭痛、めまいなどもちろんこれらに止まらないでもただ非常に少ない人は正常の服用下の不良反応の人参は良いものでもむやみに食べると食べて.

Pは禁断の西洋の9大薬理作用

を服用p> <いち、西洋参は滋陰気を補う、寧神し教育及び熱を下げて唾液の分泌を促進して、暑気を払うのダブル効果逆上をとる.古語雲:洋楽性涼にして、人参を人参で受けて人参の温者を受けないとしても.だから補って乾燥して花旗参の特別なところはない.

P2、強化心筋と心を強めて心臓活動能力;

を強化する能力;

さん、強壮中枢神経安定し、心身ともに疲労回復、鎮静や酒作用を強め、記憶力、老人痴呆症が著しい効果;

4、血圧に調整作用があり,S35、一時性や持久性血圧低下.動脈硬化を抑制し、赤血球成長促進、血色素の重みを増加します;

膵島5、膵島の分泌を調節し、糖尿病に効能がある;

p6,肝臓に副アドレナリンの分泌、新陳代謝の促進作用
個人輸入 シアリス;

ななしち、体力を強めることができて、选手に対しては具になる;

P8、がん細胞成長、免疫機能増加;

では免疫機能を増加する;

1 9、消化を助長する、慢性胃胃病と胃腸衰弱に役立つ効果があります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です